現在、6ヵ所の畑で600本のオリーブを育てています。オリーブの樹は、同じ品種でも育った環境が違うと全く違う個性を持った樹になります。1本1本全く違う個性ある樹たちの一部を紹介します。

個体番号:m6-b3
品種:マンザニロ
樹齢:7年生
樹高:320cm
株元(円周):58cm
栽培形態:有機栽培/地植え
価格:¥76,000(+掘り取り料¥21,000+送料¥10,000)
 

マンザニロ種の葉は小さめで密集しており枝は四方に伸びしなやかな垂れ枝に真ん丸のリンゴのような実を沢山付けます。油分率が少ないのでオリーブオイルには適さず、小豆島では塩漬け用の品種として栽培されています。日本の気象環境に合ったタフな果樹品種です。この若木は主幹が1本で低い位置から主枝2本に分かれて球形の樹形が特徴です。病気や害虫には比較的強い品種です。

 
 

個体番号:ds1-c6.5
品種:ミッション
樹齢:6年生
樹高:240cm
株元(円周):15cm
栽培形態:有機栽培/地植え
価格:¥38,000(+掘り取り料¥8,000+送料¥10,000)
 

ミッション種は、葉の裏側が銀色に光る美しい品種です。小豆島ではオリーブオイルや塩漬け用に栽培されている日本の気象環境に合った果樹品種です。この若木は主幹が1本で立ち姿が美しい樹形が特徴です。実を多く付ける品種ですが水はけが悪いと病気にやすい傾向があります。

 
 

個体番号:m2-b1
品種:ミッション
樹齢:12年生
樹高:400cm
株元(円周):54cm
栽培形態:有機栽培/地植え
価格:¥100,000(+掘り取り料¥30,000+送料¥20,000)
 

ミッション種は、葉の裏側が銀色に光る美しい品種です。小豆島ではオリーブオイルや塩漬け用に栽培されている日本の気象環境に合った果樹品種です。この成木は主幹が1本で4本の主枝にバランスよく分かれており収穫がしやすく害虫に強い樹形が特徴です。実を多く付ける品種ですが水はけが悪いと病気にやすい傾向があります。

 
 

個体番号:m1-a9
品種:ルッカ
樹齢:8年生
樹高:400cm
株元(円周):47cm
栽培形態:有機栽培/地植え
価格:¥86,000(+掘り取り料¥30,000+送料¥20,000)
 

ルッカ種は、オリーブの木らしい品種で成長が早く大きくなる品種です。小豆島では甘い香りが特徴のオリーブオイル用の品種として栽培されている日本の気象環境に合った果樹品種です。この成木は球形に枝が広がるルッカらしい樹形が特徴です。病気や害虫に非常に強いタフな品種です。

 
 

個体番号:u2-f3
品種:シプレッシーノ
樹齢:9年生
樹高:280cm
株元(円周):30cm
栽培形態:有機栽培/地植え
価格:¥100,000(+掘り取り料¥21,000+送料¥10,000)
 

杉の木のような縦型のスリムな樹形が特徴の木です。主に観賞用として栽培され狭いスペースに植えることができます。風や病気に強くハマキムシの被害は若干多めです。